• ホーム
  • 不用品・ゴミ回収お役立ちコラム
  • 【SDGs】を意識してゴミ処分の環境を変えてみよう

【SDGs】を意識してゴミ処分の環境を変えてみよう

SDGsとは、一体どのようなものなのかご存じでしょうか?これは国連サミットG20の首脳会議で決定された世界を持続可能な開発をすることが目標となっています。
現在、世界でもゴミの問題は年を重ねるごとに悪化しているのでこのままでは持続可能な開発を作ることはできません。
加盟各国は全てで17の目標を定めていますが、すべてがゴミの問題というわけではなく、「貧困、差別、平和、協力」など人々の助け合いなども重宝されています。

外務省 SDGs公式サイトはこちら

ニュース番組、新聞、SNSなどでもその活動は度々挙げられており、世界の人々が協力して持続可能にしていく活動をしています。
今回紹介するのは一番の問題とされるゴミの環境などに関する記事とSDGsに対する理解を深めていき、他人ごとではなく自分も協力していきましょう。

【SDGs】とゴミの関連性

SDGsとゴミは大きく関係しています。世界基準で見ても日本は上位に入るゴミの排出量となっており、なるべくゴミの搬出を減らす働きを呼びかけています。
ゴミの排出量は環境に大きく関わっており、処分時に出る二酸化炭素メタンが引き起こす気候の変動や地球温暖化の活性化などにも繋がります。

特にSDGsで重要な持続可能な開発の第一歩として誰でも意識することで始めることのできるゴミの処分方法についてはよく考えなければいけません。
このような活動を前向きに行うことにより日本はより良い進化を続けることができるでしょう。

日本で一番排出されるゴミの種類

日本で一番多く輩出されているゴミの種類は「食品包装材容器 ・家庭ゴミ(生ゴミ含む)」と言われています。
昔と比べても、食品一つに対しての包装が豪華になっていることが原因で世界でもトップレベルで多い結果となっています。
実際に環境に与える影響としてはプラスチックは海に流れ込むこともあり、2050年頃にはゴミの量が魚の数を超えてしまうとも言われるほどの量があります。

全世界が抱えている地球温暖化問題

地球温暖化は現代で最も問題視されている環境問題であり、これは気象の変化が起こります。
具体的には、平均気温の上昇や集中豪雨などが起こり異常気象の影響による災害や食糧危機の危険性も高まります。そしてこれを先に食い止める手段とされているのがSDGsとなっています。

原因

ゴミの焼却時に出てくる温室ガスの影響で大気中に放出された場合に気温が上昇します。
しかし、温室ガスが少なければ気温は低下していくので一定数は必要となりますが、現在のゴミの排出量はかなり多いので少しでも減らす努力はしていきましょう。
日本人が平均で1日で処分するゴミは1kg以上とも言われています。

使い捨て商品は環境に悪影響となる場合もある

今では生活に欠かすことのできない使い捨て商品。皆さんの身近にもたくさんの使い捨て商品があり、その便利さから多くの人にとって欠かせないものとなっています。
しかし、それは環境にとっては悪影響であり使い捨ての普及によってゴミの排出量は増える一方となっています。
ティッシュ、割箸、プラカップ」などは外での食事では必須となっており、コンビニエンスストアの商品はほとんどが使い捨てになっています。

このような家庭ゴミが増えていく影響で、ポイ捨てで処分されたゴミに関しては海へと流れて環境汚染にも繋がります。
仮に適切な処分方法で行った場合でも、使い過ぎている場合には1人当たりのゴミの排出量が増えてしまうので、外出先での食事などではマイコップやマイタオルを使用することがおすすめです。

適切な分別で環境に優しくする

使い捨て商品が必要な場合にはきちんと分別を行うようにしましょう。
プラスチックの商品は適切な分別を行って処分することでリサイクルに使うことができます。再利用をすることで環境を汚すことなく使い捨て商品を使用することができます。

プラスチックの3種類のリサイクル

  1. マテリアルリサイクル
  2. サーマルリサイクル
  3. ケミカルリサイクル

同じプラスチックの分別にはなりますが、それぞれ再利用するものが異なります。

マテリアルリサイクル

この方法では使い終わったプラスチックから新しいプラスチックを作ります。基本はどのプラ製品からでも再利用できますが、汚れが目立つ場合はリサイクル品の品質低下がみられるので清潔な状態でリサイクルを行う必要があります。

サーマルリサイクル

プラステックをエネルギー変換するサーマイルリサイクルでは、完全なプラ製品ではなく不純物が混ざっている場合に使われます。
しかし、一度燃やしているので有害物質が発生するのであまり使われることはありません。

ケミカルリサイクル

注目を集めるリサイクル方法としてケミカルリサイクルが挙げられます。
これはプラスチックの原料を分解して化学原料に変換する方法となっています。

個人で行えるSDGsに対する取り組み

ゴミの処分が与える環境汚染についてよく理解することができれば次は個人でSDGsに協力しましょう。「何から始めてよいのかわからない」「どんな風にしていけばいいの?」など悩む人も少なくないと思います。
よくある食材のロス、使い捨て商品、粗大ゴミなど注意しなければいけない点がいくつか存在しています。
基本的に誰でも行える簡単な3Rは今日からでも行うことができるので、1人1人の行動が大切です。

リサイクルの重要性とは?

なぜリサイクルが必要なのでしょうか?
それはSDGsには明確な目標とターゲットの存在があるので、未来の為に資源の消費とゴミの処分には気を付ける必要があるからです。

日常生活で必ず必要となってくる資源は無限ではありません。コンビニなどでも使われている使い捨て用品や袋までもが化学資源から作られています。
石油や天然ガスは無限ではないので、限られた資源を維持しつつ未来の生活のためには無駄となる資源の数を減らしていかに効率的に活用していくのかを考えることが重要です。

ゴミの量が増えて無駄な資源を使っていることで焼却時に出る二酸化炭素の影響でオゾン層が破壊され地球温暖化に繋がります。
1tのゴミを焼却することにより約400kg近くの二酸化炭素が排出されてしまいます。

3Rを意識することで誰でもSDGsに取り組める

今後の為にSDGsに取り組みたいと考えていても、普段は意識せずに生活してたので何から行えばよいのかピント来ていない人もいることでしょう。
まず初めの一歩として、「3R」から取り組んでみてはいかがでしょうか?
この原則を理解することでより良い未来を創ることができます。

3RとはReduce・Reuse・Recycleの頭文字を略したもので、すべて意味は違いますがこれを意識した行動が大切です。

リデュース(Reduce)

リデュースとはゴミの発生を事前に抑える意味です。自分たちですぐに行える行動もいくつかあります。

  • なるべく包装がリサイクルに使えるものを選ぶ
  • 買い物時はレジ袋ではなく、マイバックを使用する
  • 壊れても修繕してもう一度使えるようにする
  • 常に使用するものでなければレンタルなどのサービスに切り替える

などが挙げられなるべくゴミを抑える行動がリデュースです。

リユース(Reuse)

リユースは、まだ使える商品であれば再利用するという意味です。よくある古着やアンティーク商品もこのリユースとして扱われます。

  • 中古品でも使用したい友人に譲る
  • 使い捨て商品ではなく何度も繰り返し使える商品を選ぶ

処分するのではなくなるべく同じ形で使用し続けるのがリユースです。

 

リサイクル(Recycle)

リサイクルは、元の形から新たにエネルギーなどに変換して再利用をするという意味です。この言葉はよく耳にするかと思うので知っている人は多いと思います。
資源の再利用は日本の課題ともなっており、今後はより良いリサイクル方法の発展がみられるでしょう。

  • 農家の方が行う堆肥にしてしまう
  • しっかりと分別を行う
  • ペットボトルなどはなるべく綺麗にしてから処分する
  • 商品を購入するときにはリサイクル製品か確認する

3Rで大切なことはリデュースを一番意識することです。なるべくゴミを抑えて処分する機会が少なくなるようにしてください。
もし、処分することになった場合にリユースやリサイクルを心掛ける事でSDGsを始めることができるでしょう!

処分したいゴミの種類は?

SDGsで一番初めに個人で取り組む為に行う行動として、ゴミによって処分方法や解決策が異なるので、適切な方法を理解するようにしてください。

食材のロス

食材が無駄なロスにならないように食べきれる分だけを注文、又は作るようにしましょう。日本は食材のロスが多い国でもありSDGsの2番、12番に大きく関係しています。
無駄なロスが減るだけで日本のSDGsは成功ともいえるでしょう。
資源が効率的に処分されることで環境汚染を防ぎ、ロスが与える二酸化炭素の排気量は全体の8%とも言われているので、食材のロスが与える影響が大きいものだという事がわかります。

プラスチック

しっかりと分別を行い3種類の方法を使用して、近所のスーパーなどに設置されている回収ボックスなども利用してみましょう。
毎週行われる自治体による収集で搬出する場合にはプラ製品以外の混入がないことを確認して綺麗にしてからだとより良いです。

粗大ゴミ

粗大ゴミの処分をする時にはリサイクルの検討も行いましょう。もう壊れていて使用ができない場合は処分するしか方法はありませんが、まだ使える状態である場合には、他の必要としている人に渡る手続きを取りましょう。
リサイクルの方法はいくつもあるので、自分の好きな方法を選んでも大丈夫です。

  • 不用品回収業者に依頼する
  • リサイクルショップに査定に行く
  • フリマアプリを活用する
  • ネットオークションに出品する
  • 必要としている友人・知人に譲る
  • 自治体の回収場所に持ってく

上記のようにいろんな方法があるので身近な方法を選んでください。

【SDGs】で粗大ゴミを楽に処分する

SDGsを意識しながらも楽に粗大ゴミなどを処分したい場合には不用品回収業者がおすすめになっています。しかしそこには注意点もあるので今回はわかりやすく解説していきます。

SDGsを意識した処分方法

先ほど紹介した粗大ゴミの処分方法をより詳しく解説していきます。

不用品回収業者

不用品回収業者はSDGsを意識しているので、一番楽に粗大ゴミを処分することができます。
他の方法では、条件なども限られて自分で持ち運ぶ手間があります。

時間の指定や日程を自分の都合に合わせて処分したい場合には不用品回収業者を検討しましょう。

リサイクルショップ

リサイクルショップではまだ使える家具・家電であれば、買取を行ってくれるので次の購入の足しにもなります。

もしも買取をしてもらえるか不安な場合には、先に持っていくリサイクルショップに確認してもらうと良いでしょう。

最近ではリサイクルショップ店員が、自宅まで出張見積もりを行っている場所もあるので確認してみましょう。

フリマアプリ

フリマアプリは自宅の中で出品することができてリサイクルショップの価格よりも高く売れることがあります。
インターネットではフリマアプリ用の上手な出品の方法なども掲載されているので参考にしてみてはいかがでしょうか?

ネットオークション

オークションは、購入者の場所問わず全国各地から購入希望者を探すことができます。
ネットオークションは先に決めた期限内で売値が吊り上がっていくのでフリマアプリよりも高値でやり取りされます。

友人・知人に譲る

もし身近な友人や知人に処分したいものを必要としている人がいれば譲るのも検討しましょう。
友人もリデュースできて、こちらもリユースできるので、最もSDGsに貢献できるのではないでしょうか?

もしも処分したいけどまだ使用できるものがあれば周りに聞いてみましょう。

自治体の回収場所

自治体が運営している、粗大ゴミとなる小型家電などをリユース、リサイクルできる場所に持っていくことも検討してみましょう。
料金もかからずに処分することができるのでSDGsを取り組む場合にはおすすめになっています。

不用品回収業者の注意点

一番簡単にSDGsを意識した不用品回収業者を利用するには注意点が必要になります。
それは、違法業者に依頼してしまうと適切な処分を行っていない場所がほとんどで、環境を悪化させることになります。

安心できる不用品回収業者は自治体からの許可をしっかりと取っているのでトラブルにも巻き込まれずに粗大ゴミの処分をする事ができます。

不用品回収依頼ならフレッシュホームにお任せ!

フレッシュホームはSDGsに積極的な取り組みをしているので、なるべく処分とならないように再利用の検討をしているので自社で修繕ができる場合には専門のスタッフが修繕を行っています。
お客様から回収してきた家庭ゴミから粗大ゴミまでを責任もって処分します!

依頼されるお客様は分別などを事前に行う必要がありません。
好きなタイミングでSDGsを意識したゴミ処分を提供することができます。
自社の作業スタッフが専門の処分知識と処分先の確保をしているので、お客様は電話もしくはメールからの予約を行うだけで大丈夫です。

365日24時間、全国各地の対応地域であれば当日のお伺いも可能となっています。
安心の先払いで料金システムもお得な軽トラ詰め放題パックなどご用意しているので、好きなタイミングで処分をご検討ください。

問い合わせはこちらから

支払い方法も充実しているので現金の持ち合わせがない場合でもクレジットカードの対応を行っています。
クレジットの種類も豊富なのでVISA MASTER JCB AMEX ディスカバー 銀聯(UnionPay)に対応しています。