• ホーム
  • 不用品・ゴミ回収お役立ちコラム
  • 年末年始の粗大ゴミの処分方法

年末年始の粗大ゴミの処分方法

年末には1年の締めくくりとして大掃除を行うのが日本の文化であり、一家全員で自宅の整理整頓をして年を超えるのが一般的になっています。
大掃除の時に処分を考える粗大ゴミは一体どのように処分することができるのでしょうか。
せっかく片付けのやる気が出るタイミングでも、粗大ゴミの処分方法を知らなければ、スッキリした形で新年を迎えるために、年末年始の粗大ゴミの処分方法を紹介したいと思います。

年末年始の粗大ゴミの処分前に知りたいコツ

年末に行う大掃除では、必ずと言っても良い程、粗大ゴミの処分を検討します。
数年間使用していないものや、汚れや傷がひどいもの、買い替えのタイミングと被っていて処分したくなる機会が多くなります。
そんな時の年末の大掃除に向けたコツや、処分方法などをまとめた記事を紹介していくので大掃除の参考にしてみてください。

大掃除のコツ

大掃除を行う際には、どこから始めるのかを明確にしましょう。
先に不用品になるものがわかっている場合には、処分を優先的に行うようにしましょう。

自宅の中を整理して掃除するために不用になるとわかっているものは無駄なスペースを取り掃除の邪魔になります。

掃除の最中に出てくる不用品に関してはゴミ袋に入れるなど、処分先が明確になっていますが、大きな粗大ゴミなどは、大掃除を始めたころには自治体の収集日は終了しており年明けの処分になってしまうので、先に処分することをおすすめします。

早めの行動を心掛ける

大きな粗大ゴミなど処分に困るものは、年末よりも前に処分しておくようにしましょう。ギリギリになると、自治体での処分も混雑して予約を取ることが不可能になります。
これは不用品回収業者を利用した場合も同様で、年末年始はゴミが大量に出る時期なので混雑することを予想して早目の行動をすることで、年末の大掃除もスムーズに行うことができます。

掃除の順番

大掃除では、今までなかなか掃除できていなかった部分の掃除をする事を目的にしているので、埃が溜まっている食器棚の上や、冷蔵庫の上などから掃除を始めるようにしましょう。
意識するのは上の高い場所から掃除を始めて最後に下の掃除を行います。
勘違いされがちな床から始めても後からもう一度お掃除をしなければいけない2度手間を防ぐ為にしっかりと手順を考えましょう。

ゴミの取集日の確認は忘れないようにメモしましょう

処分されるゴミは、それぞれ分別が義務付けられているのでしっかりと分別してスムーズに処分ができるように確認をしてください。
特に収集の回数が少ないゴミは早目に処分しましょう。

処分するものと掃除する場所は先に決めましょう

処分するものを先に決めておくことで大掃除の効率が上がります。それまでに粗大ゴミの処分行わなければいけないので、掃除をする場所もわかりやすくなり当日に何から始めたらよいのか迷うことがなくなります。
どんな掃除方法で何の道具を使用するのかを決定しましょう。

年末年始は粗大ゴミはどうしたら処分できるの

まず、年末年始に粗大ゴミを処分することは、通常日のように市の自治体に依頼して処分することは、粗大ゴミ含む、すべてのゴミは収集してもらえないことがほとんどです。
年末から翌年~3日までは、自治体も休みとなっており、依頼をしても処分ができないと断られてしまいます。

市の自治体に依頼する方法

もしも市の自治体に依頼したいのであれば、休み前に大掃除を行う、もしくは休みが明けるまで待つ方法が挙げられます。自治体が休暇に入る前に事前に大掃除を完了させて、粗大ゴミの回収の予約を行うことが最善の策となります。

基本的、地域の収集の締め切りは12/28日が最後になっている事がほとんどなのでなるべく早めに処分を検討しましょう。
年が明けてもすぐに処分することはできないので計画的に行うようにしましょう。

申し込み方法

申し込み方法は簡単で、住んでいる地域の粗大ゴミ処分を受け付けている場所に電話をして、収集を希望するもの、収集希望日などを伝えて市の職員の指示に従って、粗大ゴミを処分する手数料を支払うと、予約した日時に自宅前まで回収に来てくれます。

自分で自宅の前までゴミを搬出することが必要になりますが、簡単な手続きで処分することができるようになっています。
受付場所などは「地域名 粗大ゴミ 戸別収集」とインターネットで検索するとわかりやすくなっています。

粗大ゴミ処分場に直接持ち込みをする方法

自治体が運営する処分場に直接持ち込む方法も普段であれば手軽に粗大ゴミを処分できる方法にはなっていますが、年末年始は処分場も休みになっているので持ち込みすることも不可能になっていますので注意してください。
休みになる前に事前に処分場に持ち込めば年末年始に粗大ゴミの処分で困ることはなくなり、良い年を迎えることができます。

申し込み方法

受付方法は地域によって様々ですが、事前受付で処分に行くことのできる処分場や、何も予約なしで持ち込みができる施設まであります。
自分の住んでいる地域の処分場は、どのような形になっているのかを確認するようにしましょう。

不用品回収業者に処分を依頼する

年末年始でもタイミングを気にすることなく、いつでも簡単に処分できるのが不用品回収業者の最大のメリットです。
自治体に依頼してしまうと、少し早めに片づけを始めて休みになる前までに処分しなければいけないですが、不品回収業者は年末年始でも休まずに営業している事がほとんどで、処分したい時期に簡単に行うことができます。

一度で部屋の整理まで行いたい場合にも最適になっているので、1部屋丸ごとの片付けなど自分の用途に合った選択をすることができます。
自治体とは違い、自宅前に自分で運び出す作業をすることなく処分することができるので怪我のリスクも減り、手軽に行うことができるようになっています。

しかし、年末年始は1年間で最もゴミが出る時期なので、不用品回収業者も忙しくなっています。
当日の回収を希望する場合には先に電話で予約を行う必要があり、急遽の依頼では対応できないと言われてしまうこともあるのでご注意ください。

申し込み方法

不用品回収業者への申し込みは簡単で、インターネットから検索するのが最適になっています。
「住んでいる地域 粗大ゴミ 不用品回収」と検索すれば、最適な不用品回収業が出てくるので料金など確認してから申し込むようにしましょう。

注意点

悪徳な業者には注意するようにしましょう。年末年始など混み合う時期になると不用品回収業者を名乗った悪徳な業者による被害の声をよくいただきます。
断れないタイミングでの高額請求や、不法投棄によりお客様名が罰せられるなどが起こる可能性が合うので業者は慎重に選ぶようにしましょう。
街中を走っている無料回収トラックなどは基本的に料金を請求されてしまうので騙されないようにしましょう。

不用品回収業者選びに迷っているならフレッシュホームがおすすめ

不用品回収業者が決まらない人はフレッシュホームを検討してみてはいかがでしょうか。

フレッシュホームは全国に対応しており、実績も含み安心安全の企業として活動しています。お客様からお満足度も高く料金体制も事前にお伝えしているパック料金で対応しております。
一人暮らしの女性でも安心な女性スタッフの同行も行っているので、もしも希望がある場合にはご相談ください。

最短即日対応

フレッシュホームでは年末年始も作業員の数も多く混雑が予想されますが、少しでも多くのお客様に対応することを優先的に考えているので、1度に大量の粗大ゴミを処分したい場合でもご相談ください。

プロの処分技術

粗大ゴミ処分のプロとしての責任を持っているので、自社に粗大ゴミを持ち帰った後にも適切な解体で安心できる処分場にて責任をもって処分しているので不法投棄などの心配がなくなります。

出張費0円

フレッシュホームは見積もりだけでも大丈夫です。地域と時間を問わずいつ依頼いただいても出張費用は0円です。
見積もりだけを希望の場合でもお気軽に相談ください。

詰め放題パックでお得

お客様の家のタイプに合わせたトラックのサイズを用意しているので、トラックに積み込み分は全て詰め放題パックでお得に処分することができます。安心のパック料金を提示している数少ない企業になっています。

事前の聞き込みで聞いていた商品よりも多くなってしまっても安心です。
当日そのまま対応して回収することもできるのでお気軽に相談ください。

365日24時間対応のフレッシュホームにご相談ください

悪徳な業者に騙されて、高額請求や不法投棄の被害で、自身にも環境にもダメージを与える前に信頼できる企業に損暖することが一番良い判断になります。
安心のパック料金で安く作業することができ、キャンペーン期間中であれば合わせてお安くなり年末年始も全国で対応しているので安心です。

自分では不用品回収業者選びに不安を感じている場合には、全国対応の安心の依頼実績を持つフレッシュホームで年末年始の粗大ゴミを処分することを検討し得見てはいかがでしょうか。
丁寧な対応でサポートしますので、お気軽に電話受付、LINE等でご相談ください。