• ホーム
  • 不用品・ゴミ回収お役立ちコラム
  • 【横浜市内】粗大ゴミを出す方法とは?不用品回収業者の選び方も解説

【横浜市内】粗大ゴミを出す方法とは?不用品回収業者の選び方も解説

横浜市をはじめ自治体の粗大ゴミ収集では、依頼から収集まで日数がかかり、ゴミの量や種類にも制限が設けられています。
しかし、不用品回収業者ではゴミの量や種類にかかわらず回収してもらえるうえ、整理整頓やハウスクリーニングなどのサービスが充実しているのも魅力です。

この記事では、横浜市における粗大ゴミの定義と出し方や不用品回収業者を利用するメリット、業者選びを失敗しないための選び方などを解説します。ぜひ参考にして、不要なものをきちんと処分してみてください。

横浜市の粗大ゴミの定義と処分方法は?

冷蔵庫と電子レンジは粗大ゴミに出せる?費用の相場と賢い捨て方

地域によって自治体で対応可能な範囲は変わるので、よく確認することが大切です。ここでは、横浜市における粗大ゴミの定義と、その処分方法についてご紹介します。

粗大ゴミの対象となるもの

横浜市では、家庭から出されるゴミのうち最も長い辺が金属製品で30cm以上のもの、それ以外のプラスチックや木などの製品で50cm以上のものが粗大ゴミとされています。

基本的には事前申し込みをすれば有料で処分してもらえますが、市では対応できないゴミもあります。以下のものに当てはまる場合は、自治体以外の方法で処分しましょう。

  • 引越しなどで一気に大量に出たゴミ
  • 家電リサイクル法の対象となるもの(エアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機)、パソコン
  • 処理が困難なもの(バッテリー、ガソリン、薬品、タイヤ、小型充電式電池、ピアノなど)
  • バイク
  • 消化器
  • アスベストを含むもの
  • 請負工事などで出るゴミ
  • 事業活動に伴って排出されるもの

粗大ゴミ受付センターに処分を申し込む

事前に粗大ゴミ受付センターに申し込みをして手数料を納めたのち、収集日当日の朝8時までに指定の場所に持ち込みます。

申し込み方法としては、LINE・チャット・インターネット・電話の4つがあります。

一人暮らしの高齢者や要介護認定者など、ゴミを持ち出すことが困難な人の場合は、持ち出し収集の制度もあるので確認してみましょう。

先ほどご紹介した横浜市で粗大ゴミとして処分ができないものについては、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

(出典:https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/gomi-recycle/gomi/shushu/sodaigomi/

不用品回収業者を利用するメリットとは?

自治体で対応することができない家庭で出た不用品の処分には、リサイクルショップや引越し業者などさまざまな依頼先があります。ただ、できるだけ時間や手間をかけたくない場合は、不用品回収業者を利用するのが適しているでしょう。ここでは、そのメリットについて解説します。

自治体で対応できない粗大ゴミも処分できる

自治体では収集していない種類の粗大ゴミや大量のゴミの回収にも対応してくれるのが、不用品回収業者ならではのメリットです。

例えば、エアコンや冷蔵庫・洗濯機といった家電リサイクル法の対象になる家電は自治体では回収していません。自分で指定引取場所に持ち込む方法もありますが、取り外しなどの手間がかかります。いらなくなった石油や古タイヤ・ピアノなども、自治体では回収対象外です。引っ越しや断捨離で大量のゴミが発生した場合は、自分で処理施設に搬入する必要があります。一方、不用品回収業者であればあらゆるゴミの回収に対応していて、搬出の手間も省けます。

なお、パソコンを処分したい場合、横浜市であれば区役所や地区センターなどに設置された小型家電回収ボックスへ持ち込むことも可能です。

不用品回収以外にもサービスがある

不用品回収業者では自治体やリサイクルショップとは異なり、不用品の回収以外にもさまざまなサービスを提供しています。

家具の分解はもちろん、エアコンの取り外しや重い物の運び出しなど、自分での対応が難しい作業も引き受けてくれます。ハウスクリーニングや物の仕分けといった、自宅をきれいにする作業も可能です。災害時の後始末や生前整理・遺品整理、さらに不用品の買い取りサービスやパソコンのデータ消去を行う業者もあります。

自宅を整理する作業を1つの業者にまとめて依頼できるので、スケジュールを立てやすいのもメリットの1つです。不用品の回収以外にも気になる点がある場合は、不用品回収業者への依頼がおすすめです。

選んではいけない業者に注意!

不用品回収業者のなかには、無許可で営業していたり作業後に高額な請求をしてきたりする業者も。トラブルを未然に防ぐため、不用品回収を依頼する際に選んではいけない業者の特徴を確認しておきましょう。

一般廃棄物収集運搬業の許可を得ていない

家庭から出た不用品を回収できるのは、自治体から「一般廃棄物収集運搬業」の許可を受けた業者だけです。無許可の業者に不用品回収を依頼すると、不法投棄などのトラブルが生じる恐れがあるのでご注意ください。

仮に処分を依頼した品物が不法投棄された場合、業者による行為だと証明できなければ依頼者に法的な責任が追及されてしまいます。不用品を無料で回収する業者だと領収書が発行されないため、業者に処分を依頼したと証明することも困難です。また、不用品を無料で回収すると案内しておきながら、作業中に運搬料・処分料という名目で料金を請求する事例もみられます。

違法業者がよく行う回収方法

違法業者が不用品回収を勧誘する方法をいくつかご紹介します。

トラック型回収

軽トラックで住宅街などを巡回し、不用品の無料回収を呼びかける方法。トラックに不用品を積み込んだあとに、業者の言い値で料金を提示してくる場合があるので要注意です。

チラシ型回収

不用品を無料で回収するとチラシで宣伝します。時にはチラシに不用品の回収日時を記載して、玄関先などに不用品を出すよう促すことも。業者が訪問した時点で料金を請求される可能性があるので、不用物は玄関先に置かないのが無難です。

空き地での回収

「不用品を引き取ります」「無料回収」などの看板・のぼりを立てて、不用品の持ち込みを勧誘する方法です。空き地に不用品を置き去りにされると、不法投棄の責任を追及される恐れがあります。

Web宣伝回収

ホームページで不用品の無料回収を呼びかける方法です。見積のために業者が訪問した時点で料金を請求される場合があります。氏名や連絡先などの個人情報を送信しても業者から連絡が来ない事例もみられます。

優良な業者の選び方

引き続き、優良な不用品回収業者のチェックポイントもご紹介します。サービス内容や料金などを比較・検討したうえで、信頼できる業者に不用品回収を依頼しましょう。

一般廃棄物収集運搬業許可を得ている

不用品回収を依頼する前に、業者のホームページやチラシで一般廃棄物収集運搬業許可を受けているかチェックしましょう。横浜市では、不用品回収業者のチラシに4桁の許可番号を明記するよう各社に依頼しており、収集車両にも番号が明記されています。自治体から許可を受けている業者を選ぶことで、料金や不法投棄などのトラブルを避けられます。

なお、産業廃棄物収集運搬業の許可では事業活動で発生する廃油や金属くず・木くずなどの回収に限られるため、家庭の廃棄物は収集できません。

公式サイトがあり、情報を確認できる

不用品回収の実績があれば、自社の公式サイトに顧客の口コミや対応事例が紹介されています。トップページや会社概要に業者の名称・所在地・連絡先が明記されているかも確認するようにしましょう。公式サイトに明記された電話番号に問い合わせれば、営業の実態があるかどうかも確認できるでしょう。依頼前に業者の特徴を理解しておくことで、トラブルを回避できます。

設定料金が適正である

不用品回収を依頼する前に、提示された料金が適正であるかチェックするようにします。これからご紹介する横浜市内での不用品回収の料金相場と比べて、極端に高い業者は避けましょう。

訪問する車両 間取りの目安 料金の相場
軽トラック 押し入れ・ワンルーム 26,000円~40,000円前後
1.5tトラック 1DK~2LDK 40,000円~60,000円前後
2tトラック 家の中すべて 65,000円~150,000円前後

廃棄物の処理には運搬料や処分料金などのコストがかかるため、無料・格安での対応は難しいのが実態です。作業中や不用品の積み込み後に高額な料金を請求されないよう、依頼する前に料金体系の詳しい説明を受けることが大切です。無料回収の業者や極端に安値の業者は避けるとよいでしょう。

充実したサービスを選べる

先ほども触れましたが、不用品回収業者では処分だけでなくさまざまなサービスを利用できるのがメリットです。依頼前に、自分に合ったサービスがあるかどうかも確認しておきましょう。例えば、室内の整理整頓を手伝ってくれるサービスやハウスクリーニングといったオプションも用意されています。終活に取り組む人には、生前整理をサポートしてくれるサービスも。不用品が多い場合は、近所への配慮をしてくれるかも確認しておくとよいでしょう。

安心して依頼できる、フレッシュホームのおすすめプラン

フレッシュホームでは、部屋の広さに合わせて3種類の詰め放題パックプランを提供しています。不用品の取り外し・運搬はもちろん、室内の清掃やゴミの回収、ゴミ屋敷の片付けや生前整理・遺品整理も可能です。年中無休で最短即日の訪問、電話での見積にも対応しています。なお、2022年3月時点では軽トラパック以上の依頼で料金が割引されるキャンペーンも実施されているので、チェックしてみてください。

【料金プラン】

プラン名 料金(税込)
軽トラパック 19,800円
1.5tトラックパック 43,780円
2tトラックパック 54,780円

不用品回収は、ぜひフレッシュホームにお任せください!

ここまで、横浜市における不用品の回収方法や業者の選び方についてご紹介しました。回収方法についての疑問は解決できましたでしょうか?

フレッシュホームは、年間1万件以上の実績を持ち、訪問時の感染症対策も万全です。不用品を処分したいとお考えの人は、ぜひフレッシュホームにお見積りをご依頼ください!