不用品回収は軽トラ積み放題がお得なの?トラブル回避の注意点とは

不用品をまとめて処分できる「軽トラ積み放題プラン」が気になっている方もいるのではないでしょうか。このプランを一度も利用したことがない方にとっては、本当にお得なのか、トラブルはないのか、気になることが多いかと思います。

そこで本記事では、利用するべきか判断できるよう、軽トラ積み放題プランについて詳しく解説します。メリットはもちろん、どんなトラブルが起きていているのか、対策しておくべきことなど、把握しておきたい情報をまとめました。

さらに、お得な軽トラ詰め放題プランも紹介するので、不用品をまとめて処分したい方は参考にしてみてください。

【不用品回収】軽トラ積み放題が選ばれている理由

不用品は回収業者でなくても、自治体で粗大ゴミとして処分できます。それでも、わざわざ軽トラ積み放題を選ぶ人が多いのには、いくつか利用するメリットがあるからです。

軽トラ積み放題に依頼しようか迷っている方は、これから紹介するメリットを参考に、自分に合っているか判断してみてください。

軽トラ積み放題のメリットとは

軽トラ積み放題のメリットは、不用品を手軽に処分できることです。軽トラックの荷台に乗せられる分だけまとめて処分できるので、不用品が多い人ほど便利に感じます。また、スタッフが仕分けや梱包、運搬までしてくれるので、面倒な作業をせずに済みます。

自治体に依頼すると、仕分けや梱包はもちろん、運搬まで自分でやらなければいけません。ベッドやタンスなど、重いものを処分したいときは、特に苦労することでしょう。軽トラ積み放題なら全ての作業を任せられるので、女性や年配の方も不用品を手軽に処分できます。

また、軽トラ積み放題は定額料金なので、処分する不用品が多いほどお得です。自治体に頼むと、ひとつずつ処分費用がかかります。東京都江戸川区の場合はひとつあたり400〜2,800円かかるので、不用品が多ければ高額となる可能性もあるのです。

ほかにも、自治体ではテレビ、エアコン、冷蔵庫など回収できないものは意外と多いですし、1回で処分できる量が決まっているので不便に感じることも多々あります。大掃除や引っ越しなどで、不用品をまとめて処分したい方には、軽トラ積み放題のほうが便利な上にお得だといえるでしょう。

軽トラックにはどれぐらいの量を積める?

軽トラックの荷台に積める最大のサイズは、高さ2×幅1.48×奥行3.4mです。また、最大積載量は350kgです。これ以上、大きいものや重いものは荷台に積めないので、容量がオーバーしそうなときは1.5tトラック以上の利用を検討するとよいでしょう。

実際にどのくらいの量を積めるのかというと、押入れに入る量を目安にしてみてください。冷蔵庫や洗濯機、テレビ、テーブル、椅子、本棚、電子レンジくらいであれば積めるはずです。心配な場合は、事前にメジャーで測っておくと安心です。

また業者によっては、希望のプランで回収しきれないときには追加で対応してくれる、柔軟性の高いところもあります。特に、初めて利用する方は、どのくらいの量を積められるのか想像しにくいでしょう。万が一のことを考えて、臨機応変に対応してくれる業者を選んでおくのもポイントです。

軽トラ積み放題プランの費用相場について

軽トラ積み放題プランの相場を、4つのパターンに分けて紹介します。業者によって料金の決め方は異なります。どのパターンを採用しているのか、相場的に妥当か、業者を選ぶときは参考にしてみてください。

全ての費用が含まれている場合

作業から処分までに必要な費用が全て含まれているパターンです。見積りと最終的に支払う金額に差が出にくいため、前もって正確な金額を把握しておきたい方におすすめです。

費用には基本料金をはじめ、搬出作業料金・階段料金・スタッフ料金・車両費・出張費・梱包費・処分費などが含まれます。金額だけを見ると、一見高そうに感じるかもしれません。しかし、追加料金が発生しないため、結果的には安く済むことがほとんどです。

費用相場は20,000~25,000円です。エアコンの取り外しや解体作業を依頼する場合は、別途費用がかかる可能性があるので、その辺りもしっかり確認しておくとよいでしょう。

家電リサイクル法の処分費用のみ別にかかる場合

「エアコン」「テレビ」「電気冷蔵庫・電気冷凍庫」「電気洗濯機・衣類乾燥機」を処分する際は、家電リサイクル法によって再商品化等(リサイクル)が義務付けられています。処分時には、収集運搬料金とリサイクル料金を支払わなければいけません。

多くの業者では、家電の処分費用を別に定めています。対象となる家電4品目を処分したい場合は、家電リサイクル法の処分費用がどのくらいかかるのか、事前に確認しておくとよいでしょう。料金はメーカー(製造業者)によって異なるので、詳しくは「リサイクル料金 一覧表」で確認してみてください。

処分したいものに対象となる家電4品目が入らない場合は、作業から処分までにかかる料金のほか、別途料金が発生することはありません。

オプションとなる作業料金が別にかかる場合

基本料金とは別に、作業料金が発生する場合もあります。
作業料金として請求されやすいものには、以下の項目が挙げられます。

  • 階段料金
  • 吊り下げ料金
  • 出張費
  • エアコンの取り外し費
  • 解体費
  • スタッフの増員費

基本料金に含まれている内容に決まりはなく、業者によって異なるものです。たとえ、基本料金が安くてもオプションが付けば、予算を大幅に超えてしまう恐れがあります。どこからどこまでが基本料金に入っているのか、どんな作業がオプションとして加算されるのか、しっかり確認しておくようにしましょう。

処分費用のみの場合

不用品の処分費用しか提示しない業者もいます。搬出作業料金や階段料金、出張費など基本的な作業にかかる料金が一切含まれていないので、提示されている料金は格安です。しかし、実際は追加料金が事細かに発生するので、高額請求される可能性が非常に高くなっています。

これは悪質業者が行う典型的なパターンであり、各自治体や消費者センターでも注意喚起しています。業者が宣伝する料金が、あまりにも安すぎる場合は注意するべきです。たとえ「追加料金がない」と謳っていても、それは処分費用の追加料金がないだけで、作業料金は別に請求されることでしょう。

  • 相場よりも安すぎる
  • 見積りを出さない
  • 見積書に内訳が書かれていない

このような業者は悪徳業者である可能性が高いので、依頼しないのが無難です。

軽トラ積み放題のトラブル!注意すべきポイント


軽トラ積み放題プランを利用すれば、手軽に不用品を処分できます。不用品が多いほど、自治体に依頼するよりもお得です。しかし、中には質の悪い業者もいるので、最悪トラブルに巻き込まれる恐れもあります。

そこで、軽トラ積み放題で起こり得るトラブル例をいくつか紹介します。注意すべきポイントもあわせて解説するので、トラブルに巻き込まれないよう、しっかり押さえておきましょう。

見積もり

見積り時に起こりやすいトラブルとしては、宣伝内容と実際の請求金額が大きく異なることが挙げられます。「トラックに積み放題で10,000円」「追加料金なしで積み放題」と宣伝しておきながら、別途で処分費用が発生すると言い始めて高額料金を提示します。断ろうとすれば、高額なキャンセル料を請求することも。そのため、断り切れなかったという人は少なくありません。

このようなトラブルを回避するためには、業者選びに気を付けましょう。高額請求する業者には、以下のような特徴が見られます。

  • チラシをまいている
  • 電話営業してくる
  • 訪問営業してくる
  • 巡回しながら拡声器(スピーカー)を使って宣伝している

たとえ「追加料金なし」「基本料金〇円のみ」と宣伝していても、信じ切らないようにしましょう。料金が相場よりも安すぎる場合も、追加料金が発生する可能性は高いので、注意するべきです。

また、高額請求をする悪徳業者は、見積りを出さずに作業をすることもあります。必ず見積りを出してもらうようにしましょう。さらにポイントとしては、見積りは無料か、キャンセル料は発生するのか、内訳はしっかり書かれているか、この3点も確認してみてください。

現地での回収時

不用品をまとめて処分できる積み放題ですが、容量をオーバーしてしまうと、断られてしまうこともあります。回収してほしい不用品が多い場合は、どのくらいの量を乗せられるのか把握しておくことも大切です。

軽トラックの最大積載量は350kgと定められています。冷蔵庫や洗濯機、タンスなど重いものをまとめて処分したいときは、1台の軽トラックで収まらない恐れもあります。もう1台分の追加費用がかかることもあるので、依頼するときは処分したいものの数や大きさなどは正確に伝えるようにしましょう。

また、サイズが大きすぎると軽トラックに乗せられないこともあります。基本的に軽トラックの荷台には、高さ2×幅1.48×奥行3.4mを超えるものは乗せられません。サイズが大きいものに関しては、分解できないか試してみるとよいでしょう。どうしても乗せられない場合は、1.5tトラックや2tトラックの利用を検討することも大切です。

お会計

お会計時に多いトラブルには、高額請求が挙げられます。見積りより遥かに高い金額を請求されるので、困惑してしまうでしょう。会計をするタイミングは不用品を軽トラックに乗せて作業が終了した後なので、拒否すれば、さらに追加料金を請求されたり脅されたりすることもあります。このようなトラブルを避けるためには、業者選びがとても重要です。

基本的に、軽トラ積み放題は一定額なので、不用品の数や重さで料金が変わることはありません。ただし、業者によっては料金の内訳を細かく分けているところもあります。料金に含まれるサービス内容の範囲をチェックすることで、高額請求によるトラブルを防げます。

具体的には、搬出作業料金・階段料金・スタッフ料金・車両費・出張費・梱包費・処分費などは、基本料金に含まれているのか確認しましょう。含まれていない場合は、いくらかかるのか、その辺りも確認しておくと安心です。もし、「作業してみないと分からない」と言われたら、その業者には依頼しないほうがよいでしょう。高額請求される可能性が高く、トラブルに発展する恐れがあります。

見積りを出してもらい内訳を確認する、信頼できる業者か口コミを参考にするなど、業者選びは慎重に行いましょう。

フレッシュホームの軽トラ積み放題パックプランがおすすめ

不用品をまとめて処分したい方にとって、軽トラ積み放題は魅力的なプランです。その反面、質の悪い業者を選んでしまえばトラブルの元になります。トラブルを避けるためにも、業者選びはとても重要です。とはいっても、軽トラ積み放題を実施している業者は多く、ひとつに絞るのは容易ではないでしょう。

そこでおすすめなのが、フレッシュホームの軽トラ積み放題のパックプランです。当社は年間1万件の実績をもち、多くの方から指示されている不用品回収業者です。全国に対応しており、年中無休で24時間受付しています。

軽トラ積み放題のパックプランは、押入れ~1Kほどの容量を処分したい方におすすめで19,800円の定額料金です。出張費や搬出作業料金なども料金に含まれているので、高額請求によるトラブルが心配な方にも安心です。(※)

また、自社には経験豊富なスタッフが揃っています。軽トラへの積み込みにかかる所要時間の目安は30分以内と、スピーディーな対応が可能です。

※リサイクル料金は別途かかります。

不用品回収の軽トラ積み放題は無料相談へ


軽トラ積み放題は、処分したいものが多い方におすすめのプランです。自治体では回収できないものもまとめて片付けられるので、頼りになる存在でしょう。また、不用品が多い方ほど、処分費用を抑えやすいところもポイントのひとつです。

しかし、業者選びを誤ると、高額請求や恫喝などのトラブルを招く恐れがあります。依頼する際は信頼できる業者かどうか、見極めることが重要です。

当社では不当な追加料金の請求は一切行っていないので、初めての方でも安心。軽トラ積み放題のパックプランは税込19,800円で承ります。相談・見積り無料!処分したい不用品がある方は、気軽にお問い合わせください。

無料相談はこちら